fumifumi談義~温故知新の日比谷松本楼~

「一年に1回10円でカレーが食べられる日がありますよね?」 と質問した私に日比谷松本楼のスタッフの方が丁寧に答えてくれました。 「カレーのイベントは、当店が1971年に放火で火事になり、 1973年9月25日レストランの […]

Fumifumi談義~スロバキアのワイン~

最近、デヴィーン(Devin)というスロバキアの固有品種を使用した白ワインがちょっとお気に入りです。 香りと味のバランスが印象的で、何度となく飲んでいるのですがいつも美味しいと感じています。 スロバキアは中央ヨーロッパに […]

Fumifumi談義~牛肉~

最近、外食の時に必ず耳にする「アレルギーなど苦手な食材はございませんか」というお店のスタッフの方からの質問。 特にアレルギー食材、表示義務がある特定原材料7品目「えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生」はアレルギーを起こ […]

Fumifumi談義~シャトー・マルゴー~

年末、シャトー・マルゴーを飲みました。 ワインの仕事について25年、ボルドー訪問時やワイン会、試飲会など、色々な場面でシャトー・マルゴーを経験してきました。 自宅のセラーや実家の蔵にはシャトー・マルゴーだけではなく、私に […]

Fumifumi談義~ソラリス~

あっ、そういえば、「ソラリス信州東山カベルネ・ソーヴィニヨン」がセラーにあったはず! そう思い出したのは、先日、マンズワインの新社長に島崎大氏が就任したことを知った時でした。 島崎氏は、山梨大学工学部発酵生産学科を卒業後 […]

Fumifumi談義~ジャケ買い~

ワインをジャケ買いしたことはありますか? ジャケはジャケットのこと、ラベルのデザインが気に入って中身の良し悪しはわからないけれど思わず買ってしまうことをいいます。 もともとはアナログ時代のレコードに収録されている音をチェ […]

Fumifumi談義~チリワインの実力~

先日、ジェームス・サックリング氏が選ぶ「トップワイン・オブ・2017」が発表されました。 ジェームス・サックリング氏は1958年アメリカ・カルフォルニア州生まれのワイン評論家です。 アメリカで260万人のワイン愛好家に読 […]

Fumifumi談義~バレエ鑑賞~

先日、人生初のバレエ鑑賞をしました。 バレエを観ようと思ったのは、会うたびにバレエのことを熱く語る友人の影響です。 「バレエは人生を豊かにするよ」、「努力に努力を重ねても主役になれるのは一握りのバレリーナ、すごいと思わな […]

Fumifumi談義~プティ・ヴェルド Petit Verdot~

プティ・ヴェルドの栽培地といえばフランスのボルドー地方が有名です。 カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロのような主役格ではなく、ボルドー系赤ワインに数%ブレンドされる補助品種。完熟すると果皮の色が濃くなり、渋み成分のタンニン […]

Fumifumi談義~グルジアとジョージア~

小アジアとヨーロッパの間にある黒海沿岸の国「グルジア」。 日本で「ジョージア」という名称に改められたのは2年前のことです。 もともと国連加盟国の大多数が英語由来の「ジョージア」と呼んでいましたが、日本や中国などはロシア語 […]