テイスティング講座

テイスティング講座

もっとテイスティングの力をアップさせたい方にオススメ

ワインのテイスティング能力の向上を目的とした講座で、誰もが潜在的に持っているテイスティングの能力を的確に引き出していきます。

日本ソムリエ協会の呼称資格試験の二次対策にも対応しています。

講座内容

毎回8種類のテイスティングをおこないます。

1~5番はテーマに沿ったブドウ品種をブラインドでテイスティング、品種の特徴を把握します。

6番は記憶のワインです。

1~5番の中から同一のワインを供出します。

ゲーム感覚で何番のワインかを当ててください。

7、8番は酒精強化ワインやリキュール、蒸留酒などスティルワイン以外のアルコール類をテイスティングします。

集中力と記憶力と養い、テイスティング能力のさらなる向上を目指します。


2018年 第1期 講座詳細

コース
火曜昼  11:00~12:30(1.5h)(全6回) ※新規開講

火曜午後 14:00~15:30(1.5h)(全6回) ※新規開講

土曜昼  11:00~12:30(1.5h)(全6回) ※新規開講

講師宮川 文子  プロフィールはこちら
教材ワイン、テイスティングシート
受講料54,000円(税込)
お支払方法銀行振込 一括払い[54,000円]

※振込口座は、お申込み頂いた方へお知らせいたします
場所銀座サロン(本校)

サロン(教室)へのアクセスはこちら
定員各コース 8名(最少施行人数 3名)
お申込みこちらのワイン講座お申込みフォームよりお申し込みください。
【講座振替について】
本講座は、同一テーマの授業であれば違う曜日・時間帯に振替受講が可能です。

※登録曜日の受講生が優先となりますので、人数によっては振替できない場合もありますのでご了承ください。
※お客様都合による未受講講座があった場合、その分の返金等はございません。

2018年 第1期 スケジュール(全6回)

回数講座テーマティスティング・ワイン
(ブドウ品種)
火曜
昼/午後
11:00
 ~
12:30
14:00
 ~
15:30
土曜

11:00
 ~
12:30
1リースリング
ソーヴィニヨン・ブラン
1~5番 リースリング、ソーヴィニヨン・ブラン
6番   記憶のワイン
7、8番 酒精強化ワイン、リキュール、蒸留酒など

栽培や醸造の条件により、生産地ごとの個性を発揮するリースリングとソーヴィニヨン・ブラン。
この2つの品種はブラインド・テイスティングで間違えることも多い品種です。

それぞれの品種の特徴を把握し、さらに生産地がもたらす、香りと味わいに影響を与える要素を探ります。
2018
1/9
2018
1/13
2シャルドネ
ミュスカデ
甲州
1~5番 シャルドネ、ミュスカデ、甲州
6番   記憶のワイン
7、8番 酒精強化ワイン、リキュール、蒸留酒など

シャルドネはワインの寿命に関わる濃さを持っています。

特徴がつかみにくいニュートラルな品種ともいわれていますが、新樽を関与させることで香りや味わいが膨らみ重厚な雰囲気を醸し出します。

個性も濃さも控えめな他の品種との比較で、シャルドネの濃さや新樽の役割について紐解きます。
1/231/27
3ゲヴュルツトラミネール
ヴィオニエ
マスカット
1~5番 ゲヴュルツトラミネール、ヴィオニエ、マスカット
6番   記憶のワイン
7、8番 酒精強化ワイン、リキュール、蒸留酒など

特徴的な香りを持つブドウをアロマティック品種と呼びます。

ブドウの香りよりも果物や花を思わせる華やかな香を強く感じるのが特徴です。

他の品種とは一線を画する個性的な香りが、個々のテイスターが同じように感じるのか検証します。
2/62/10
4ピノ・ノワール
ガメイ
1~5番 ピノ・ノワール、ガメイ
6番   記憶のワイン
7、8番 酒精強化ワイン、リキュール、蒸留酒など

高貴なブドウ品種といわれるピノ・ノワール。

長所をうまく引き出す為には冷涼な気候のもと栽培するのが理想的といわれています。

明るい赤色で渋味が穏やか、エレガントで旨味のあるスタイルが身上のピノ・ノワール。

同じように渋味が際立たない品種ガメイとの比較で旨味について考えます。
2/202/24
5カベルネ・ソーヴィニヨン
シラー/シラーズ
1~5番 カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー(シラーズ)
6番   記憶のワイン
7、8番 酒精強化ワイン、リキュール、蒸留酒など

渋味が強く重厚な味わいが特徴のカベルネ・ソーヴィニヨン主体のワインは、熟成に耐えうる長熟なものが多く存在します。

近年、オーストラリアではシラーズがカベルネ・ソーヴィニヨンを追い越し1位になりました。

その理由はシラーズの抑え気味な渋味が好まれるようになったからです。

この2つの品種を渋味に注目をしてテイスティングをします。
3/63/10
6ネッビオーロ
サンジョヴェーゼ
テンプラニーリョ
1~5番 ネッビオーロ、サンジョヴェーゼ、
テンプラニーリョ
6番   記憶のワイン
7、8番 酒精強化ワイン、リキュール、蒸留酒など

イタリアやスペインの赤ワインは、古樽を使用した伝統的なスタイルと、スタイリッシュで現代風な造り方をしたものの両方が生産されています。

どちらのタイプもブドウ品種の個性を大いに発揮し根強い人気があります。

その人気は味わいの何に起因するのかを探ります。
3/203/24

※諸事情により日にち、テーマの内容が変更になる場合がありますのでご了承ください。

※未成年者のご受講は固くお断り申し上げます。
※年齢確認のため身分証明書をご提示いただく場合がございます。
※お酒をご提供する講座になりますので、飲酒運転防止のためお車でのご来場は固くお断り申し上げます。
※飲酒運転は法律で禁止されています。電車・バスなどの公共交通機関をご利用ください。